FXでは負けないことが重要?

FX初心者の人は、どうやったら利益を上げられるかを考える人が多いと思います。
しかし、投資というのは大きな利益をあげるためにはリスクをかけなければなりません。
FXでは、レバレッジを最大の25倍にまであげることで、ハイリスク・ハイリターンの投資ができます。

逆に、レバレッジを小さくすることで、ローリスク・ローリターンにすることができます。

初心者の人は、経験を積むまでは勝つことよりも負けないことを意識してやるとよいでしょう。
経験を積むとどうやったら勝てるのかがわかってきますが、それまでに資金がゼロになってしまったら意味がありません。利益がでなくても、資金を減らさずに経験を積めたらとりあえずOKと考えるのです。


FXでは、決済をしなければ絶対に負けることはありません。
例えば、1ドル110円のときにエントリーをして、1ドル100円まで下がったら、この時点で決済をしてしまうと負けが確定します。



しかし、1年後になるか10年後になるかわかりませんが、1ドル120円まで上がった時点で決済をすれば逆に勝ちます。



しかし、これでは仮に勝ったとしても、回転率が悪すぎます。

FXで負けないためには、損切りが重要になります。

一定の損失が出たら、さっさと取引を終了させて、次の勝てる取引をはじめるのです。小さな負けを増やしてでも、大きな勝ちを拾いにいくという考え方です。

例えば、勝率が8割を超えていても総合では負けている人がいますが、逆に勝率が2割でも総合では利益を得ている人がいます。1万円の負けが8回あっても、10万円の勝ちが2回あれば大きく勝っています。