FXで利益を出すならレバレッジがスワップポイントか

FXとは、【marginForeigneXchangetrading】の略で、外国為替の取引を指します。日本語では外国為替証拠金取引と言います。
まず、為替というのは現金以外の方法で金銭の決済を行うことを言い、外国為替とは通貨の異なる国の間で発生する、金銭の決済で使用される交換比率(為替レート)を言います。

つまりFX取引とは、為替レートが変動することで発生する利益を狙う取引を指します。



取引では、為替レートが高い場合、その外国通貨を購入する際には多額の日本円が必要となり、反対に為替レートが低い場合は少額の日本円で購入できます。ただ、為替レートは変動は常に小さく、大きく変動することは稀ですので、多額の利益を狙うには、より多くの資金が必要となります。



そこで、てこを意味するレバレッジという手法を利用します。

これは、少ない資金でも多くの資金を使った取引ができる手法で、日本では25倍まで認められています。

つまり、実際に用意した資金の25倍の資金を取引に使え、その分だけ損益も大幅に増加することになる、FXの一番の魅力と言えます。

また、ハイリスクハイリターンであるレバレッジは難しいと感じる人は、スワップポイントでローリスクリーリターンに稼ぐ手法もあります。


これは、取引した外国通貨に付与される金利の差によって利益を出すもので、例えば高金利のオーストラリアドルが4%で日本が0.3%なら、3.2%の金利差が毎日付与されます。



月単位ではわずかですが、年単位で見ると数万円になる場合もありますので、地道に利益を出したい人に適した手法です。