粗大ごみの処分の選択肢と料金比較について

粗大ごみを処分する時の選択肢として、市区町村の役所が窓口になっている回収と、不用品を専門に回収する会社の二つの選択肢が在ります。

市区町村の役所が窓口になっている回収の場合は、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンと言った家電リサイクル法で定められている電化製品やパソコンと言うのは街中の家電量販店などに依頼をして回収処分が必要になるため、ベッドとマットレス、テレビの3品目となる粗大ごみを処分する場合は、回収窓口が2つになります。



しかし、不用品を専門に回収する会社の場合は、これらの粗大ごみを同時に回収して貰えると言うメリットが在ります。
尚、市区町村が窓口になる不用品の回収と言うのは、品目毎に回収手数料が定められているのが特徴で、少量の粗大ごみを処分する場合には市区町村が窓口になっている回収を利用する方が場合によっては安くなり、家電リサイクル法などで定められている不用品が含まれていたり、大量の不用品を回収して貰いたい場合などでは不用品回収を行う会社に依頼をした方が安くなるなど、回収品目や量に応じて値段が異なるため、比較をすることが大切です。

粗大ごみの比較について悩んでいませんか。

また、市区町村が窓口の回収と言うのは、自治体が異なっていても回収相場は均一になりますが、不用品回収の会社は会社毎に料金が異なるため、料金を比較する事が大切で、比較する場合にはそれぞれの会社に対して見積りを依頼する事で回収料金が安い不用品回収の会社を探すことが出来ます。

ロケットニュース24情報について考えます。